印鑑通販の[おもしろMY印鑑]プレスリリース2018

サイトマップ
印鑑 通販

おもしろMY印鑑関連で発信したプレスリリース(2014〜18年)の紹介です

印鑑通販のおもしろMY印鑑Top > プレスリリース2014〜18

おもしろMY印鑑メニュー

がんばろうにっぽん! 印鑑デザイナー・PV

文字の一部をデザイン化した印鑑

幸運の印鑑・めでた印 ねこのはんこ・ニャン鑑 猫まみれの印鑑超ニャン鑑 犬のはんこ・ワン鑑 モチーフ印鑑

デザイン付きのかわいいハンコ

文様印鑑 ふりがな印鑑 マスクにスタンプ アマビエさま印鑑 飛び出す・立体はんこ ひょっこりハンコ SNS映えする印鑑 天使の羽 モアレハンコ かわいいはんこ・クルはん 愛しい印鑑・いとしいん 笑福ねこ印 誕生花はんこ カップinはんこ 富士山のはんこ・富嶽印鑑 レース印鑑 音楽印鑑 肉球セキュリティスタンプ 肉球ねこ印 家紋印鑑 ハイブリッドはんこ 戦国武将印鑑 わくワクはんこ ワン書体印鑑 ワンポイントはんこ 隠し絵印鑑 わんにゃんハンコ 縁起物印鑑 エンブレム印鑑 わんにゃん雅印

似顔絵付きのおもしろハンコ

似顔絵フレームスタンプ 似顔絵印鑑 似顔絵はんこ ペット似顔絵印鑑

ゴルフボール用便利スタンプ

マイボールスタンプ 似顔絵ボールスタンプ

種類豊富・実用的なハンコ

癒しの香木印鑑 ふつうのシャチハタ ふつうのはんこ 中国語はんこ

はんこ関連の便利商品

印鑑備品 ラッピング

印鑑で個性的な結婚式を!

印鑑が彩るウエディング

印鑑デザイナー城山謙一です
最新&裏情報満載で
ほぼ毎日更新中!

城山・写真
[印鑑デザイナー日記]


おもしろMY印鑑バナー
 このサイトはリンクフリーです


お問い合わせ メールマガジン 動画 訪問販売法・他 サイトマップ 用語集 お客様の声 Q&A 主な掲載マスコミ 利用規約 免責事項 会社概要 プレスリリース

[ プレスリリース ]

 サイト開設当時から配信してまいりましたプレスリリースをご紹介いたします。


※2021/01/18※



 株式会社 城山博文堂(所在地:大阪市此花区 代表取締役:城山謙一)は、名前の一部が縁起物になっている、日本初となるハンコ「幸運の印鑑・めでた印」を 1月16日に発売しました。
 文字の一部を自然な形で名前と縁起物が共存するようにデザインすることで、一般的なハンコとしてはもちろん、捺印するたびに幸運な感情に訴えかけるオーダーメイドのハンコです。

■商品開発背景
 ハンコというものは、契約やお金などに絡んで使うことがあり、そのため運気が良いとされる書体「印相体(吉相体)」の使用や、納品日を大安吉日にするなど、縁起を担ぐことが多々あります。
 ある日、様々なデザインを考えている際、縁起物であるのし紙の「水引」が文字の一部になるのではないか?と思いついたのは必然かもしれません。

 ただ実際にデザインしてみると、小さなハンコに対しての加工や再現性に限界がありました。
 そこで「水引」にこだわらず、「縁起物」という広いカテゴリの中からデザインを選択することでそれを解消。
 その後、複数の試作を重ねてお名前(文字)に関係なく対応できると確信し、販売に至りました。

 元々当社では「ねこのはんこ・ニャン鑑」という、文字の一部が猫になったハンコを販売、累計3万本近くを販売する大ヒットとなっております。
 これまでそのデザインをしてきたことで、難しいデザインに対しても対応できるスキルが身についていたことも、制作の後押しになったものと思われます。

■デザイン製作の過程
 ご注文ごとにデザイン制作するオーダーメイドのハンコとなっております。
 まず名前(文字)全体を眺めて、どの部分にどんな縁起物のデザインであれば違和感がないかを大まかに考えます。
 いくつかの案を考えたのち、最良と思えるものをお客様に提示、校正確認の後、加工作業に移ります。
 使用する縁起物に関しては、こちらにお任せいただく形でご提示させていただくほか、縁起物の種類や入れる場所などのご希望があれば可能な限りそれに沿って制作いたします。

■商品内容・仕様など

・認印として(宅配の受け取りや回覧印など)
・銀行印として(印鑑タイプであれば、殆どの銀行で登録可能)
※印鑑登録(実印)の可否については「印鑑条例」により「名前以外の情報(マークなど)があってはいけない」というものがあるため、一見それとわからない程度のデザインであれば、登録の可能性があると考えております。
(前出の「ニャン鑑」において、登録事例あり)
・「めでた印」の商品名は、(株)城山博文堂の商標登録です。
 登録第6291591号

 商品紹介動画: https://youtu.be/T6LQQBN6Ejs

○価格
 4,000円〜(浸透印タイプ)※シャチハタ社製・9ミリ丸〜
 5,200円〜(印鑑タイプ) ※本柘製など・12ミリ丸〜
(共に消費税込み)
○納期
 デザインに約1週間、校正後加工にシャチハタで約10日〜3週間、印鑑で約2週間
○販売方法
 webサイト「おもしろMY印鑑」https://www.inkan.name/medeta/ にてネット通販


※2020/12/07※



 株式会社 城山博文堂(所在地:大阪市此花区 代表取締役:城山謙一)は、コロナ禍による規制でイベント不足になっている介護施設を対象に、ハンコを使ったイベントをボランティアで開催いたします。
 脱ハンコと言われる中、逆にハンコだからこそ出来る楽しさや喜びを提供できるものと考えております。

■イベント内容

 指定の用紙に、ハンコの元となる丸い外枠が描かれており、その中に施設入居者の方ご自身でハンコにしたい絵を描きこんでいただきます。
 それを元に、当社でお名前を入れた形のデータに起こし、ハンコに加工の上ご本人にお渡しいたします。

 入居者の方にはこのハンコを通じて、絵を描く楽しみ・それが仕上がる楽しみ・実際に使う楽しみをご提供できると考えております。
 介護施設でよくあるイベント(書画やエステなどの体験など)に比べ、後に残り、実用的に長くお使いいただける利点があります。
 またハンコの製作費に関しては、今回分につきましては当社負担のボランティアで、介護施設様・入居者様に無償提供いたします。

■発案のきっかけ
 今回対象となる介護施設には、私(城山)の母が入所しておりました。
 その過程ではコロナ禍で面会ができない時期があり、またその際には、人が出入りするようなイベントなどもできない状態にあることを聞いておりました。
 イベントが行われていた際には「こんなことをしてもらった」など、楽しそうに話す母がいましたので、寂しい思いをしていたのではないか?と考えておりました。

 残念ながら母は亡くなってしまったのですが、お世話になった施設に何か恩返しできないかとの思いが私の中にありました。
 そして私自身が(当社)出来ることを考えた際、ハンコを絡めたイベントを発案したのは、自然の流れだったと思います。

 昨今の「脱ハンコ」により、まるで悪者のように言われているハンコですが、今回のイベントの内容はハンコだからこそできるものです。
 また後付けではありますが、このイベントを通じてハンコのすばらしさを広く再認識していただけるものではないかと自負しております。

■感染リスク管理
 人を派遣しての指導が必要なほど複雑な作業ではないため、指定の用紙を施設職員の方に配布していただくだけで開催可能です。
 また、社内作業時やハンコお届けの際も除菌作業などを行いますので、商品を通じての感染リスクもないと考えております。

■ハンコ仕様
 長く手軽に使用していただけるように考え、メーカー(シヤチハタ)とも相談した結果、ハンコ本体につきましてはシヤチハタ社製の「キャップレスE型」での制作となっております。
 一般的なネーム印(直径9ミリ)と比べ大きいため(16ミリ)絵や文字が見やすく、蓋が自動開閉式ですので、お年寄りの方にも使いやすいと考えております。

■イベント場所・時期
 場所:SOMPOケア そんぽの家 難波稲荷
    〒556-0023 大阪市浪速区稲荷1-12-7 電話06-6568-2203 ホーム長 阪本 純 様
 日時:令和2年12月10日 14時〜
 商品お渡し:約10日後



※2020/08/03※



 株式会社 城山博文堂(所在地:大阪市此花区 代表取締役:城山謙一)は、名前と共にその読み方を透かし彫りで表現した、日本初となるハンコ「ふりがな印鑑」を 8月3日に発売しました。
 同じ漢字でも複数の読み方があったり、キラキラネームの難読を解決するオーダーメイドのハンコです。
https://www.inkan.name/hurigana/


■商品開発背景
 近年、キラキラネームとの名称で、一見しただけでは読むことの難しいお名前が増えており、それに対する功罪がSNSなどで語られている現状があります。
 同時に昔から、同じ漢字であるのに複数の読み方があるお名前も存在してきました。
(例えば、「堀田」を「ほった」「ほりた」、「東」を「ひがし」「あづま」など)


 当社自体、お名前を扱う仕事ですので、読み方がわからずに少々困った経験もございます。
 またそのご本人におかれましても、毎回違う呼ばれ方をされたり、何度も聞き直されたりと、煩わしい思いをした方も少なくないかと思います。


 印章店として、それを軽減する方法はないものか?と考えた末、名前と一緒にそのふりがなも彫り込むことで解消できるのではないかと思いつきました。
 ハンコを使用する方、使用された方、両方のストレスを解消できる商品と自負しております。

■商品内容
 同様の商品が販売されていないか調べたところ、漢字とふりがなを並列に並べた商品が複数存在しておりました。
 ただその場合、当然のことながら通常のハンコに比べて文字が小さくなってしまう他、必要以上にふりがなが主張して見えました。

 そこでメインとなるお名前(漢字)の背景としてふりがなを透かし彫りすることで、お名前(文字)のサイズを小さくする必要がなくなりました。
 また透かし彫りのふりがなは、元のお名前の邪魔にならぬよう、ひらがなの輪郭のみをごく細い線で表現し、控えめになるよう調整しております。

 お名前の書体は、隷書体・楷書体・古印体・明朝体・行書体・ゴシック・マルベリから選択可能。
 ふりがなの書体は上記のように、透かし彫りに対応するため選択不可となっております。


■商品仕様など

・認印として(宅配の受け取りや回覧印など)
・銀行印として(印鑑タイプであれば、殆どの銀行で登録可能)
※印鑑登録(実印)の可否については「印鑑条例」により、登録の可能性は低いと考えております。
(戸籍に登録されているお名前以外の情報が入っていてはいけないので、ふりがながそれに分類されると考えられます)
・商品の性格上、お子様の誕生時や誕生日・進学・就職などのお祝い品としての需要も多いかと思います。


○価格
 1,990円〜(浸透印タイプ)※シャチハタ社製・9ミリ丸〜
 3,120円〜(印鑑タイプ) ※本柘製など・12ミリ丸〜
(共に消費税込み)
○納期
 正式受注より、シャチハタで約10日〜3週間、印鑑で約2週間
○販売方法
 webサイト「おもしろMY印鑑」https://www.inkan.name/hurigana/ にてネット通販


※2020/07/06※



 株式会社 城山博文堂(所在地:大阪市此花区 代表取締役:城山謙一)は、疫病退散にご利益があると言われる様々なデザインをマスクに押せる「マスクにスタンプ」を7月4日に発売しました。
 コロナ禍でマスク必須となった現在、楽しみながらも安心感を高めていただける商品となっております。

■「マスクにスタンプ」のコンセプト
 これまでもマスクに捺印する商品を見かけることがございましたが、それはコロナ初期のころ、花粉症やぜんそくなどによりマスクをしなければならなかった人が、コロナ感染のためではないとアピールするため「花粉症です」や「喘息です」とのハンコを押したことが始まりのようです。
 そんな中当社では、マスクを着用するということの意味合いをより深く考えました。
 大前提として、病気をうつされない・うつさないということ。
 そこで、デザインを疫病退散にご加護があるものにすることで、使う人の気持ちに寄り添い、より安心感を高めることができると考えました。
 またデザインと共に希望の文字や名前を入れることで、愛着を持っていただきマスクをすることへの自覚を促すこともできるのではないかとの考えに至り、作業を進めました。

■「疫病退散にご加護があるデザイン」とは
 コロナ禍の中で有名になったものと言えば「アマビエ様」でしょう。
 それ以外にも、同様のデザインとして「お地蔵様」「赤べこ」「だるま」「不死鳥」「さるぼぼ」「破魔矢」などがあり、いずれも疫病退散の由来・意味合いがあるものです。

■商品内容(用途)
・上記内容のデザイン(7種)および名前など希望の文字が施されたゴム印です。
・スタンプ台を使い、マスクに捺印して使用します。
・お名前を入れることで、学校での集まりなどで自分のマスクを取り違えないように気を付けることができます。
・「疫病退散」などと入れてその思いを強くする効果があります。
・文字を入れずにデザインのみを大きく加工することも可能です。
・その他バリエーションとして下記2パターンございます。
1)「疫病退散」「お守り」の文字を、当社で人気のニャン鑑としてデザインしたもの。(2種)
(ニャン鑑は文字の一部が猫になったハンコです。詳細は次のサイトから https://www.inkan.name/nyan/syousai.html)
2)「STOP疫病」「STOPコロナ」「STOPウイルス」それぞれの文字と、通行止め標識などのデザインを組み合わせたもの。(9種)

■「マスクにスタンプ」仕様
〇サイズ
 直径20ミリ&25ミリ&30ミリの3種
○価格
 1,500円(20ミリ)
 1,800円(25ミリ)
 2,200円(30ミリ)
(共に消費税込み)
○納期
 約1週間
〇販売
 当社サイト「おもしろMY印鑑」にてネット通販
https://www.inkan.name/masuku/
※2020/04/15※
■「アマビエさま」
 江戸時代から日本に伝わる半人半魚の妖怪で、光輝く姿で海中から現れ、豊作や疫病などの予言をすると伝えられています。
 そのようなことから、コロナウイルスが蔓延し始めたころ、疫病退散にご利益があるということで、SNSなどで拡散されるようになりました。

■「アマビエさま印鑑」とは
 当社でも、少しでも誰かを勇気づけ癒しになればと、アマビエさまモチーフの印鑑を制作し画像と動画をSNSに上げ、普段より多くの反響をいただきました。
 その中で「今だからこそ購入したい」との声もいただいたのですが、元々販売目的で制作したわけではなく、またこのような商品で商売をすることに抵抗があり、当初お断りさせていただいておりました。
 ただ日々状況が悪くなっていく中で、「ハンコ屋として、もっとできることはないだろうか?」という思いが強くなってまいりました。
 ハンコをデザインすることで元気づけるだけでなく、もっと具体的に寄与できること。
 そう考えていくうちに、「お客様が欲しているアマビエさまモチーフの印鑑を販売しよう」そして「その利益を寄付することで、コロナに苦しめられている人に還元しよう」を思い立ったのです。

 ハンコの印面に「アマビエさま」の姿と共にお名前などご希望の文字を彫り込んでご提供いたします。
 認印として気軽に押していただいたり、厄除けを祈願してプレゼントや銀行印に使用していただけることを想定しております。
※朱肉を使う印鑑タイプであれば銀行印として登録可能(ごく一部例外あり)
※印鑑証明としての登録は困難です(登録する自治体によって対応が異なります)


関連動画
https://youtu.be/ikzpfCkJio8

■寄付について
・金額:利益全額(売り上げのうち、材料費・送料など諸経費をさしい引いた金額)
・寄付先:新型コロナウイルス感染症:拡大防止活動基金の予定
・発売期間:令和2年6月末日(状況により延長の可能性あり)

■「アマビエさま印鑑」仕様
○価格
 1,990円〜(浸透印タイプ)※シャチハタ社製・9ミリ丸〜
 3,120円〜(印鑑タイプ) ※本柘製など・12ミリ丸〜
(共に消費税込み)
○納期
 シャチハタ:約10日〜3週間
 印鑑:約2週間
〇販売
 当社サイト「おもしろMY印鑑」にて、期間限定でネット通販
https://www.inkan.name/amabie/



※2020/01/20※
 株式会社 城山博文堂(所在地:大阪市此花区 代表取締役:城山謙一)は、捺印すると名前が飛び出しているように見える「立体はんこ」を 1月18日に発売しました。
 視覚効果を使い、捺印すると立体的に見えるデザインは、はんこの概念を変える画期的な商品です。

 商品説明動画:https://youtu.be/Fn2S6R6_N9M

■商品開発背景
 近年、デザイン性のある印鑑が数多く発売されています。
 名前と共に各種デザインを彫り込んだものや、オリジナル書体のものなど。

 当社もまたそのような商品を開発発売してまいりましたが、常々もっと文字自体に革新的な表現方法はないものか?と考えておりました。
 ヒントになったのは、道路等で見かけた立体に見える標識や看板です。
 それらは、色やその濃淡による錯覚で立体に見えるようにデザインされており、それを応用した表現はできないものか、と思いつきました。

 ただし印鑑ではその手法が使えません。
 朱肉は単色のみで、さらには中間色の表現ができないためです。
 しかも印鑑というごく小さい商品(当社最小サイズ直径9ミリ)の中で、立体に見えるデザインにする必要があります。
 簡潔で、判りやすく、視覚にうったえるデザインを念頭に、複数のパターンを考案の上販売に至りました。

■商品(デザイン)内容
 商品の基本デザインは全22種類。
 シャドウタイプが13種類と、ボックスタイプが9種類ございます。
・シャドウタイプ:名前(文字)から影が伸びているようにデザインすることで、浮き上がって見えるデザイン
・ボックスタイプ:文字に厚みを持たせたようなデザインにすることで、立体に見えるデザイン

 お客様のお名前や好みによって、基本デザイン・名前(文字)・材質などをご指定の上お申し込み。
 その都度、文字とデザインのバランスを調整の上、加工出荷となっております。

■商品の仕様など

・認印として(宅配の受け取りや回覧印など)
・銀行印として(印鑑タイプであれば、殆どの銀行で登録可能)
・印鑑登録(実印)の可否については、登録自治体によって可否が変わります
※「印鑑条例」により「名前以外の情報(マークなど)があってはいけない」というものがあるため、極控え目なデザインであれば可能性はあるかと考えております。

○価格
 2,290円〜(浸透印タイプ)※シャチハタ社製のネーム印・ネームペン:9ミリ丸〜
 3,890円〜(印鑑タイプ) ※本柘製など:12ミリ丸〜
(共に、デザイン料・消費税込み)
○納期
 ご注文から、約10日〜3週間
○販売方法
 webサイト「おもしろMY印鑑・立体はんこ」 https://www.inkan.name/rittai/ にてネット通販のみの受付



※2018/11/05※
 株式会社 城山博文堂(所在地:大阪市此花区 代表取締役:城山謙一)は、印鑑の外枠と名前の間にある隙間に、動物などのデザインが顔をのぞかせる「ひょっこりハンコ」を 11月5日に発売しました。
 印面を無駄なく使った斬新な印鑑は、今までにないデザイン性と耐久性・偽造防止を併せ持つ、一石三鳥の商品となっております。

 商品説明動画:https://youtu.be/4eyb7mPRG1E

■商品開発背景
 主に実印などに使われる、篆書体や印相体(吉相体)は線の密度が多くなる書体を外枠に接地することで、印面の隙間を埋めて耐久性を増し、同時に重厚感・高級感を醸し出します。
 その他、一般的に読める書体でも、文字を変形したり枠からはみ出るほど大きくして隙間を減らす作り方もありますが、無理に変形させると違和感が出ますし、文字を大きくするとその一部が欠けてしまうことになります。
 また前出の篆書体や印相体の場合、文字として判読しにくいことから、普段使いするには抵抗があるようです。

 一般的な書体を使い、無理なく隙間を埋めることはできないものか?
 そう考えていた際、名前を無理に大きくせず、出来た隙間を埋めるように小さなデザインをちりばめることで解消されるのではないか?と思い立ちました。
 ジャンルにこだわらず、それに適したデザインを中心に作業を進め、発売に至りました。

■商品(デザイン)内容
 あまり細かすぎると商品としての再現性に問題が出る可能性があるため、当初枠の外から顔を出すような一部分を使用したデザインがあり、それが商品名の由来となっております。

 基本デザイン数は20種類。
(犬・猫・その他の動物や花など)
 それぞれそのデザインの配置などを調整して、名前の縦書き用・横書き用・フルネーム用を用意。
 総計で、60種類のデザインを提供しております。

 お客様のお名前や好みによって、デザイン・名前の書き方・材質などをご指定の上お申し込み。
 その都度微調整の上、加工出荷となっております。

■商品の仕様など

・認印として(宅配の受け取りや回覧印など)
・銀行印として(印鑑タイプであれば、殆どの銀行で登録可能)
・印鑑登録(実印)の可否については、登録自治体によって可否が変わります
(「印鑑条例」により「名前以外の情報(マークなど)があってはいけない」というものがあるため、基本的には登録は難しいものと思われます)

○価格
 1,950円〜(浸透印タイプ)※シャチハタ社製のネーム印・ネームペン:9ミリ丸〜
 3,060円〜(印鑑タイプ) ※本柘製など:12ミリ丸〜
(共に、デザイン料・消費税込み)
○納期
 ご注文から、約10日〜3週間
○販売方法
 webサイト「おもしろMY印鑑・ひょっこりハンコ」 https://www.inkan.name/hyokkori/ にてネット通販のみの受付



※2018/09/03※
 株式会社 城山博文堂(所在地:大阪市此花区 代表取締役:城山謙一)は、名前と翼を重ねてデザインした「SNS映えする印鑑・天使の羽」を9月3日に発売しました。
 ウォールアートをヒントに、人に自慢したくなることをコンセプトにしたこの印鑑は、銀行印としても登録可能な当社独自の商品となっております。

 商品説明動画:https://youtu.be/6WU-SAKicUI

■商品開発背景
 いまや商品展開を左右する大きな流れとして、インスタをはじめとしたSNS映えが必然となりつつあります。
 それは人物や食べ物・観光地などにとどまらず、ありとあらゆるものが対象となっています。

 当社でもその対象にしていただくことを目的に、印鑑をご購入いただいたお客様に商品を発送する際、試押し用として綺麗な飾り罫のついた台紙を同封しておりました。
 そこで思いついたのが、こういった台紙の力を借りずに、印鑑そのものがもっとSNS映えする商品を作れないだろうかということでした。

 ヒントになったのは、ウォールアートの翼です。
 その前に人が立ち、まるで天使の羽が生えたような写真が撮れるスポットは行列ができるほどの大人気です。
 では人の代わりに名前だったら?
 その着想からデザイン作業を繰り返し、発売に至りました。

■商品(デザイン)内容
 天使の羽のデザイン数は9種類。
 そのうち8種類に関しては翼の大きさを個人の嗜好に合わせて、控え目(S)・大き目(M)・特大(L)の3パターンから選ぶことができます。 (合計25パターン)
 作る名前とその書体・デザイン・材質などを選んでいただき、バランスを見てそのたびごとに調整後加工いたします。
 結果、唯一無二の印面(デザイン)内容の商品とすることができました。

・Sサイズ:羽をごく控えめに、名前にもなるべく重ならないようにデザイン
・Mサイズ:印面いっぱいに羽を広げ、名前と重なる部分に関しては相互にわかりやすくなるよう白抜きにしたデザイン
・Lサイズ:Mサイズを基本に、羽を印鑑の外枠から飛び出させて、さらに大きさを強調したデザイン

■商品の仕様など
・認印として(宅配の受け取りや回覧印など)
・銀行印として(印鑑タイプであれば、殆どの銀行で登録可能)
・印鑑登録(実印)の可否については、登録自治体によって可否が変わります
(「印鑑条例」により「名前以外の情報(マークなど)があってはいけない」というものがあるため、基本的には登録は難しいものと思われます)
○価格
 1,950円〜(浸透印タイプ)※シャチハタ社製・9.5ミリ丸〜
 3,060円〜(印鑑タイプ) ※本柘製など・12ミリ丸〜
(共に、デザイン料・消費税込み)
○納期
 ご注文から、約10日〜3週間
○販売方法
 webサイト「おもしろMY印鑑」天使の羽ページ https://www.inkan.name/tenshi/ にてネット通販のみの受付


※2018/06/11※
 株式会社 城山博文堂(所在地:大阪市此花区 代表取締役:城山謙一)は、名前の中に自然な形でたくさんの猫デザインを潜ませた「猫まみれの印鑑・超ニャン鑑」(チョウニャンカン)を6月11日に発売しました。
 文字の形を損なうことなく、様々なポーズの猫をふんだんに組み込んだこの印鑑は、銀行印としても登録可能なオンリーワンの商品となっております。

 商品説明動画:https://youtu.be/s6Y7mtciLiw

■商品開発背景
 2014年08月に発売した「ニャン鑑」は、累計10,000本以上を出荷し、無許可の類似品も出回るほどの人気商品となりました。
 そのコンセプトは「名前の中に、ごくひそやかに猫のデザインが入っている」というものでしたが、理由の一つとして、印鑑という限られたスペースの中では多くのデザインを入れることが困難であったことがあげられます。

 しかしながら、10,000点以上のデザインを手掛けるうち、デザインのバリエーションや自身のスキルも上がっているとの実感を持ちました。
 また、お客様からニャン鑑のコンセプトとは真逆の「たくさんの猫が入っている」デザイン要求を受けることもございました。

 ひそやかなデザインが人気ではあるものの、その逆のデザインもまた同様の需要があると考えられ、デザイン製作の幅(猫を多く取り入れられる可能性)が高まったこと、また類似品販売業者に関してもデザイン難易度の高いこの商品はまねできないだろうと考えました。
 そして実際に、名前や文字数を変えてのデザインや、材料を変えての試作を繰り返し実証することにより発売に至りました。

■商品(デザイン)内容
 はんこにするお名前(文字)の中から、猫のデザインに変換できそうな部分を見極めます。
 その部分(文字の線など)に適した違和感のないポーズの猫デザインに変換、バランスを見ながら修正して行きます。

 基本的に、一文字あたり2匹以上の猫で構成。
 商品サイズや文字数・字画にもよりますが、3匹程度は挿入可能です。

 デザイン後、お客様に校正していただき、OKのお返事を受けてからの加工となっております。
(デザイン修正に関しては、基本的に無償対応)
 ご注文ごとに毎回デザインをするオーダーメイド商品ですので、唯一無二の印鑑をお届けすることになります。

■商品の仕様など
・認印として(宅配の受け取りや回覧印など)
・銀行印として(印鑑タイプであれば、殆どの銀行で登録可能)
・印鑑登録(実印)の可否については、登録自治体によって可否が変わります(「印鑑条例」により「名前以外の情報(マークなど)があってはいけない」というものがあるため)
・「ニャン鑑」は、城山博文堂の登録商標です。(登録第 5762070号)したがいまして「超ニャン鑑」も類似商標となり、販売目的による無許可での使用は禁じられております。

○価格
 3,950円〜(浸透印タイプ)※シャチハタ社製・9.5ミリ丸〜
 5,120円〜(印鑑タイプ) ※本柘製など・12ミリ丸〜
(共に、デザイン料・消費税込み)
○納期
 ご注文から、デザインに約1週間、その後加工に約10日〜3週間
○販売方法
 webサイト「おもしろMY印鑑」超ニャン鑑ページ https://www.inkan.name/s-nyan/ にてネット通販のみの受付


※2017/05/08※
 株式会社 城山博文堂(所在地:大阪市此花区 代表取締役:城山謙一)は、名前と共に笑顔の猫が彫り込まれた印鑑「笑福ねこ印」(ショウフクネコイン)を 5月8日に発売しました。  従来の商品にはなかった、笑顔が福を招く印鑑として、幅広い世代に受け入れられるものと考えております。

 商品紹介動画:https://youtu.be/g7i1ntQDF1g

■商品開発背景  印鑑というものは、お金や契約ごとなどにまつわる使い方をするものです。
 その為、縁起を担いだり、吉相を取り入れて作ることも少なくなく、現在に至るまでそのような慣習が受け継がれてきております。

 それをもっと現代風にわかりやすくする方法はないだろうかと考えていたところ、「笑顔」と言うキーワードに思い当たりました。
 「笑顔」はそれだけで人を幸せな気持ちにし、それが幸福を招くとも言われます。

 そこでその「笑顔」と、当社で人気のある猫のデザインを組み合わせることで、まずは印鑑自体に笑ってもらおう。
 そしてその笑いを、使う人・使われる人に伝えよう。
 そうすることで、万人にわかりやすく受け入れていただけるのではないかと考え、開発に至りました。

■商品(デザイン)内容
 基本となる猫の種類が18種類(9品種×それぞれにノーマル&子猫のタイプ)、笑顔の種類がそれぞれ3種類(微笑・笑い・大笑い)で、合計 54種類のデザインをご用意しております。
 そこに入れるお名前と、印鑑本体の種類などを選んでご注文していただきます。

 品種・笑い方などは、今後の受注状況や、お客様からのリクエストなどを経て、随時追加してゆく予定です。

■商品の仕様など
・認印として(宅配の受け取りや回覧印など)
・銀行印として(印鑑タイプであれば、殆どの銀行で登録可能)
・印鑑登録(実印)の可否については「印鑑条例」により「名前以外の情報(マークなど)があってはいけない」というものがあるため、可能性としてはごく低いと考えられます。

○価格
 1,950円〜(浸透印タイプ)※シャチハタ社製・9.5ミリ丸〜
 3,060円〜(印鑑タイプ) ※本柘製など・12ミリ丸〜
(共に消費税込み)
○納期
 ご注文から、10日〜3週間
○販売方法
 webサイト「おもしろMY印鑑」笑福ねこ印ページ https://www.inkan.name/syouhuku/ にてネット通販

※「印鑑」と言う言葉は本来、捺印をした時に紙や書類などに残る文字や絵を表し、商品本体のことではありません(正しくは「はんこ」「印章」等と言います)  ただし現状「印鑑」という言葉の方が一般的な呼び名として定着している関係上、ここでもそう表記させていただいております。


※2016/08/23※
 株式会社 城山博文堂(所在地:大阪市此花区 代表取締役:城山謙一)は、名前の一部が犬になっている印鑑「犬のはんこ・ワン鑑」を 8月22日に発売しました。
(「ワン鑑」は、商標登録申請中です)
 文字の一部を、それに見合ったポーズをした犬に置き換え、自然な形で名前と犬が共存するデザインは、印鑑のみならず文字の概念を大きく変えた一品となっております。

■商品開発背景
 2014年8月19日に名前の一部が猫になっている印鑑「ねこのはんこ・ニャン鑑」を発売しておりましたが、発売から10日ほどで前年度の当社WEB通販の売上本数を上回るご注文をいただき、現時点でも受注制限中となっているほどの人気を保っております。

 そんな中、ご注文いただくお客様から「犬のデザインではできないのか?」との問い合わせを数多くいただき、対応可能な案件につきましてはその都度リクエストにこたえてまいりました。
(元々猫にしたのは、他の動物に比べてポーズの自由度が高く、比較的文字の一部としやすかったためです)
 その声は定期的にきており、潜在的な需要があるものと感じました。
 また犬のデザインをこなすうちに、新たなデザイン方法の確立や、自分自身のスキルも上がり対応可能な案件も増えてきました。
 そこで商品として独立させ、よりご購入しやすい環境を作るべく、具体的な開発に至りました。

■デザイン製作の過程
 お作りするお名前、ご希望犬種、デザイン希望をお聞きした上で、商品となるデザインが対応可能かを判断いたします。
 犬の場合ポーズに制限があるうえ、犬種と文字の組み合わせによっては、どうしても文字の一部となるデザインにそぐわない場合があるためです。

 対応可能な場合、それに沿ってデザイン作業をいたします。
 対応不可の場合、こちらからお客様に別案を提案し、ご了承いただいた上でのデザイン作業となります
 どちらの場合も、デザイン後にはお客様に校正していただき、OKを受けてからの加工作業となります。
(基本的に修正に関しては無償にて対応)

 実際のデザイン例については、以下のアドレスに一覧表がありますのでご確認ください。
https://www.inkan.name/wan/imji/inm-06.jpg

■商品内容・仕様など

・認印として(宅配の受け取りや回覧印など)
・銀行印として(印鑑タイプであれば、殆どの銀行で登録可能)
・印鑑登録(実印)の可否については「印鑑条例」により「名前以外の情報(マークなど)があってはいけない」というものがあるため、一見それとわからない程度のデザインであれば、登録の可能性があると考えております。
※実際に同種の「ニャン鑑」では、複数の登録成功例をご報告いただいております。

 商品紹介動画:https://www.youtube.com/watch?v=rNZsxWV4YyY

○価格
 3,950円〜(浸透印タイプ)※シャチハタ社製・9.5ミリ丸〜
 5,120円〜(印鑑タイプ) ※本柘製など・12ミリ丸〜
(共に消費税込み)
○納期
 デザインに約1週間、校正OK後加工に10日〜3週間
○販売方法
 webサイト「おもしろMY印鑑」ワン鑑ページ https://www.inkan.name/wan/ にてネット通販


※2014/08/19※
 株式会社 城山博文堂(所在地:大阪市此花区 代表取締役:城山謙一)は、名前の一部が猫になっている、日本初となる印鑑「ねこのはんこ・ニャン鑑」を8月19日に発売しました。
 文字の一部を、それに見合ったポーズをした猫に置き換え、自然な形で名前と猫が共存するようにデザインしております。

■商品開発背景
 あるとき文字(漢字)を見ていて「ここが手で、ここが足で」と、自然と動物のように見えてきました。
 試しに、思ったまま文字の一部をそれらしいポーズの猫に置き換えたところ、思いのほか違和感なく文字として成立したのが商品開発しようと思ったきっかけです。

 その後、複数の名前に関して実際にデザイン作業をし、自分のスキルを上げるとともに、どの程度の文字まで対応できるかの確認作業を経て、本格的な商品開発へと至りました。
 またその過程において、他の動物でのデザインも検討したのですが、以下のような理由で今回は見送っております。

・犬の場合:犬種ごとの描き分けが困難と思われる
・丸い形の動物(例:熊、象、魚など)の場合、ポーズに制限があり文字として成立しない
※ただしお客様からのリクエストがあった場合、内容の検討後、可能であればデザインいたします。

■デザイン製作の過程
 まず名前の一部分を抜き出してみて、猫のポーズの一つとして成立するかを考えます。
 いくつかの案を考えたのち、最良と思えるものをお客様に提示、確認の後、実際のデザイン作業に移ります。  

 その他、お客様にお送りいただいた猫のポーズ(写真)やデザイン案からも製作可能としております。

 実際のデザイン案については、以下のアドレスに一覧表がありますのでご確認ください。
https://www.inkan.name/nyan/imji/s-mihon01.jpg

■商品内容・仕様など
・認印として(宅配の受け取りや回覧印など)
・銀行印として(印鑑タイプであれば、殆どの銀行で登録可能)
※印鑑登録(実印)の可否については「印鑑条例」により「名前以外の情報(マークなど)があってはいけない」というものがあるため、一見それとわからない程度のデザインであれば、登録の可能性があると考えております。

 商品紹介動画:http://youtu.be/Aj3cDPa_G9I

○価格
 3,950円〜(浸透印タイプ)※シャチハタ社製・9ミリ丸〜
 5,120円〜(印鑑タイプ) ※本柘製など・12ミリ丸〜
(共に消費税込み)
○納期
 デザインに約1週間、校正後加工に10日〜2週間
○販売方法
 webサイト「おもしろMY印鑑」https://www.inkan.name/nyan/ にてネット通販


2014〜18年 >> 2013年
印鑑通販のトップページへ